こんにゃくに含まれるセラミドは効果があるの?どのこんにゃくを選べばイイ?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

すぐに肌に潤いが足りない乾燥肌。毎日毎日化粧水を使って保湿していますよね。
でも実は食べ物からでもセラミドを摂取することができるのです。
その食べ物をこんにゃくです。
毎日の献立にこんにゃくを取り入れるだけで簡単にセラミドを体内に取り入れることができるのです。
ここではこんにゃくセラミドの効果について解説しています。

こんにゃくセラミドの正体

こんにゃくに含まれるセラミドの正体は植物性グルコシルセラミドです。
この植物性グルコシルセラミドは人間の体の中に存在する成分。
ですからこんにゃくから取り入れる植物性グルコシルセラミドは私たち人間に非常になじみやすく効果を発揮してくれるのです。

ではこんにゃくセラミドはどのような効果を発揮してくれるのでしょうか。

こんにゃくセラミドの効果

皮膚の疾患に

  • アトピー
  • 魚鱗癬
  • 角化症

といった症状に悩まされている方は共通して
こんにゃくに含まれている植物性グルコシルセラミドが少ない傾向にあります。
上記のような疾患に悩まされている方は、食事にこんにゃくを取り入れることにより、植物性グルコシルセラミドを摂取できるので、症状の改善に役立ちます。

 

バリア機能が高まる

これは化粧水や乳液によって得られるセラミドの効果と同じですね。
こんにゃくを食べることにより、肌にセラミドが増えます。
セラミドが増えることにより、バリア機能が高まるのです。
バリア機能が高まれば、少しの刺激でも痒みを起こしていた方や、痛みを感じていた方の症状の緩和に繋がります。

 

保湿効果が高まる

肌にセラミドが増えることにより、水分が蒸発する隙間を埋めることができます。
その結果、肌の水分が蒸発しにくくなり、肌の水分量が上がるのです。
普段から乾燥肌気味の方はセラミド化粧水だけのケアではなく、こんにゃくを食卓に取り入れるなど、食生活の改善も試みてください。

 

セラミド含有量はこんにゃくが一番

こんにゃく以外にも植物性グルコシルセラミドを含んでいる食べ物はあります。
ですがこんにゃくが一番セラミドを含んでいるので、食べ物から植物性グルコシルセラミドを摂取したいのであればこんにゃくおすすめします。

米や小麦にも植物性グルコシルセラミドは含まれています。
ただし、こんにゃくの原料となるコンニャクイモには、少なく見積もっても米や小麦の7倍以上、最大で16倍も植物性グルコシルセラミドが多く含まれているのです。

植物性グルコシルセラミドの一日の摂取量は600ug。
これは市販されているこんにゃく約半分の大きさとなります。

ただし毎日そんなにこんにゃくを食べられないよという方はサプリメントを活用すると良いでしょう。
サプリでセラミドを摂取することは可能ですが、実際のところ、セラミドサプリメントは、こんにゃくを原料にセラミドを抽出するほど、こんにゃくセラミドの効果は高いのです。

 

こんにゃくセラミドの化粧品は効果がある?

化粧水などに含まれているヒト型セラミドと、このこんにゃくに含まれている。こんにゃくセラミド(植物性グルコシルセラミド)は、効果は見ていますが、若干種類が違うので、併用することで効果を上げることができます。
例えば、化粧水を多く使えばたくさん保湿できるというわけではありませんよね。
簡単に言えば、併用することでいろいろな種類のセラミドを補給できるので、その分効果が上がるということです。

こんにゃくセラミドを使用した化粧品はいろいろあります。
ですが、こんにゃくセラミドが入っている化粧品つまり植物性グルコシルセラミドが入っている化粧品であれば何でも良いというわけではありません。
植物性グルコシルセラミドの効果を発揮するには、高濃度配合されているものを選びましょう。
逆に、植物性グルコシルセラミドが高濃度配合されていない場合は、肌の奥まで浸透しないのであまり意味がないと言えます。

セラミド化粧水の驚異的な効果!これを見たら絶対にセラミドが欲しくなります」の記事でも解説しているように、化粧品でセラミドを補給したいのであればセラミド化粧水がおすすめです。
その中でもヒト型セラミドを配合している。化粧水であれば、簡単に肌の隙間を埋めてくれ、水分の量が増えたり、肌のバリア機能が格段に上がるからです。

化粧水に含まれるヒト型セラミドは、皮膚の構造に着目してしっかりと作られているので、はこんにゃくセラミドよりも効果が高く、かなりおすすめです。

特に肌の水分量を上げたいと思っていることは、こんにゃくセラミドを使用するよりヒト型セラミドの使用をおすすめします。

こんにゃくセラミドのまとめ

こんにゃくセラミドは、植物性グルコシルセラミドという、セラミドの一種のことでした。食べ物の中で、一番植物性グルコシルセラミド配合しているのはこんにゃくです。

植物性グルコシルセラミドは、こんにゃくを食べるだけではなく、化粧品にも配合されているので、食べてもよし。塗ってもよし。なのがこんにゃくセラミド。

ただし、こんにゃくセラミドの効果はヒト型セラミドの効果よりも劣ってしまうのが少し残念なところ。

ですがヒト型セラミドは、食べ物で摂取することはできないので、

  • 体の内側からはこんにゃくセラミド
  • 外側からは化粧水

というように使い分けるのが、肌のセラミドを増やす方法としては一番効果的です。

こんにゃくは市販のもので良いのですが、ヒト型セラミドはしっかりと効果の高いものを選んで購入しなければなりません。

次のページでは肌にセラミドを増やす方法と効果が高いセラミド化粧水を紹介しています。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です